第18回ショパン国際ピアノコンクール
世界3大コンクールの一つ、第18回ショパン国際ピアノコンクールがショパン生誕の地、ポーランド・ワルシャワにて開催され、日本時間10/21に入賞者が決まった。5年に一度開催される本コ...
yamadakazuki
ヨーロッパと日本を中心に意欲的な指揮活動を展開する山田和樹が、2023年4月よりイギリスのバーミンガム市交響楽団、首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任する。 山田は2...
© KYapproved
WPH_2021ムーティ
もとめあう理想、満ち足りた感動の週間(とき) 2020年のコロナ禍に来日し大成功を収めたウィーンフィルが、今年も11月に来日する。東京のサントリーホールでの公演を皮切りに、愛知・...
©Terry Linke
クラシックやオペラのライブ配信・アーカイブ配信でおうち時間をさらに楽しく!
おうち時間が多い今だからこそ、至福の音楽を楽しみませんか? 【12/1更新】新国立劇場オペラ公演『カルメン』の情報を追加しました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によるコンサー...
教えてひびクラ!メイン画像
奥の深いクラシック音楽の世界、クラシックファンの皆さまも「そういえばこれって……?」と思わず疑問を抱いてしまうことはありませんか?この「教えて!ひびクラシック」は、そんな疑問・質...
パシフィルmain
東京芸術劇場にて東京ニューシティ管弦楽団が、新音楽監督就任と楽団の新名称発表記者会見を行った。会見には専務理事兼楽団長の齋藤正志、理事長の日野洋一、音楽監督の飯森範親、主席コンサ...
左から、齋藤正志、日野洋一、飯森範親、執行恒宏

ひびクラカレンダー

首都圏10オーケストラのコンサート情報を集約!マイカレンダー作成や期待度投稿も可能!

ユーザーレビュー

最新レビューをまとめてチェック!バイヤーセレクトの秀逸レビューが見られます。

  • 交響曲第5番、亡き子をしのぶ歌 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル、クリスタ・ルートヴィヒ

     

    交響曲第5番、亡き子をしのぶ歌 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル、クリスタ・ルートヴィヒ(シングルレイヤー)

    昭和の名盤楽派 さん
    やはり今でも遜色のない名盤であると言っても過言ではないであろう。1970年代中頃ショルティ、インバル、アバドやメータ等が先を競って録音していた所謂マーラー・ルネサンスの時期のひとつのトピックとしてカラヤンのマーラーとして話題となった演奏である。優秀な録音とベルリンフィルの機能美が十分に発揮されており、マーラーの5番とは如何なる曲かというのを当時中学生であった私に明確に示してくれた演奏として個人的にも思い出深い演奏である。現在に至るまで数多くのこの曲の録音がリリースされてきたが、ひとつのスタンダードとして永く大事に手元に置いておきたい1枚である。
  • サン=サーンス:幻想曲、ルニエ:スケルツォ・ファンタジー、ピアソラ:タンゴの歴史、他 西江辰郎、津野田 圭

    安曇野のカラヤン さん
    後半のピアソラ、バッハ、ファリャといったところが非常に聴きごたえあります。西江さんは新日本フィルのコンマス、津野田さんは高い技術を持ったharp奏者で、N響や東響といった在京オーケストラだけではなく、関西方面のオーケストラにも客演している実力者です。収録時間も長いCDで、疲れた時に、ソファに横になって聴くと心底から癒されるお薦めです。
  • キリル・コンドラシン&モスクワ・フィル 来日公演集(1967年ステレオ)(5CD)

    カニさん さん
    このリマスター版の前のバラ売りのCDで、持っている。大変素晴らしい録画です。新たに音質向上で、発売されるとは、嬉しい限りです。評価の5っ星も期待してです。ショスタコーヴィチ交響曲もマーラーの交響曲も旧版でも、素晴らしい演奏だった。特に、ショスタコーヴィチ交響曲第6番とオイストラフと組んだヴァイオリン協奏曲第一番は、名盤です。また、マーラーの交響曲第9番は、私に、この曲の素晴らしさを教えてくれた愛好盤です。是非とも、この名指揮者・キリル・コンドラシンの世界を堪能してください。
  • ナルシソ・イエペス録音集 第4集

    チバリスト さん
    イエペスが10弦ギターに持ち変える前の6弦での録音。 ハイドン:ギター五重奏曲ニ長調(原曲:弦楽四重奏曲第8番) 及びマヌエル・パラウ:東方の協奏曲の2曲は10弦ギターでは録音していない貴重なもの。 それらを聞くだけでもこのディスクは価値があります。 シャコンヌも10弦の時とは違う、切れのある演奏です。

クラシックニュース

特集記事

ひびクラチラシ一覧

人気の記事