2019/7/21(日) 2:00 pm

東京交響楽団

公演への期待度

0
(0)
東京交響楽団 川崎定期演奏会 第70回
ジョナサン・ノット ©N.Ikegami/サラ・ウェゲナー ©Simon David Tschan/ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー ©Dario Acosta
場所 ミューザ川崎シンフォニーホール
一般発売日 2018/12/4(火)
プログラム
  • J.シュトラウスⅡ:芸術家の生涯 op.316
  • リゲティ:レクイエム
  • タリス:スペム・イン・アリウム(40声のモテット)
  • R.シュトラウス:死と変容 op.24
指揮
  • ジョナサン・ノット
ソプラノサラ・ウェゲナー
メゾソプラノターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
合唱東響コーラス
概要説明

R.シュトラウスの「死と変容」は、ある芸術家が死の床で人生を回想する内容の交響詩。J.シュトラウスの「芸術家の生涯」と呼応し、「レクイエム」や「スペム・イン・アリウム」と繋がり、1つの大きなストーリーとなる。ノット監督渾身のプログラムは絶妙!