ウィーン・フィル、待望の来日! ロシアの巨匠ワレリー・ゲルギエフ 16年ぶりにウィーン・フィルとの日本公演

ゲルギエフ(C)Terry Linke
©Terry Linke


今年は新型コロナウイルスの影響で数多くのコンサートが中止となったが、そんな中で「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2020」の開催が決定した。世界のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が満を持して来日する。

==============================================

※この記事は10/31(土)にリニューアルしました。「サントリーホール2020-2021主催公演」ページはこちらへ。

==============================================

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2020

もとめあう理想、満ち足りた感動の週間(とき)
ロシアの巨匠ゲルギエフ、16年ぶりにウィーン・フィルとの日本公演

今年は新型コロナウイルスの影響で数多くのコンサートが中止となったが、そんな中で「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2020」の開催が決定した。世界のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が満を持して来日する。

ウィーン・フィル(C)Terry Linke_1120px

©Terry Linke

管弦楽団

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

指揮

ワレリー・ゲルギエフ

チェロ

堤 剛(11/6、11/9、11/13)

ピアノ

デニス・マツーエフ(11/5、11/6、11/8、11/9、11/10)


チケット情報を見る 

 

公演一覧

公演日 開演 都市・会場 2020/11/5(木) 19:00 福岡
北九州ソレイユホール
2020/11/6(金) 19:00 大阪
フェスティバルホール
2020/11/8(日) 17:00 神奈川
ミューザ川崎シンフォニーホール
2020/11/9(月) 19:00 東京
サントリーホール 大ホール
2020/11/10(火) 19:00 東京
サントリーホール 大ホール
2020/11/13(金) 19:00 東京
サントリーホール 大ホール
2020/11/14(土) 16:00 東京
サントリーホール 大ホール

 

プログラム

福岡公演
■2020/11/5(木) 19:00開演

プロコフィエフ:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』作品64 より

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品16(ピアノ:デニス・マツーエフ)

チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」


大阪公演
■2020/11/6(金) 19:00開演

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33(チェロ:堤 剛)

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16(ピアノ:デニス・マツーエフ)

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」


神奈川公演
■2020/11/8(日) 17:00開演

プロコフィエフ:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』作品64 より

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16(ピアノ:デニス・マツーエフ)

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」


東京公演
■2020/11/9(月) 19:00開演

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16(ピアノ:デニス・マツーエフ)

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33 (チェロ:堤 剛)

ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』(全曲、1910年版)

■2020/11/10(火) 19:00開演

プロコフィエフ:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』作品64 より

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16(ピアノ:デニス・マツーエフ)

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

■2020/11/13(金) 19:00開演

ベートーヴェン:序曲『コリオラン』作品62

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33(チェロ:堤 剛)

R. シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』作品40

■2020/11/14(土) 16:00開演

ドビュッシー:『牧神の午後への前奏曲』

ドビュッシー:交響詩『海』~3つの交響的スケッチ~

ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』(全曲、1910年版)


チケット情報を見る 

 

「ウィーン・フィル」関連記事

ウィーン・フィル来日公演も サントリーホール2019-2020シーズン発表ニュース2019/1/22
ウィーン・フィル来日公演も サントリーホール2019-2020シーズン発表
サントリーホールが2019年4月から2020年3月までの主催公演ラインナップを発表した。初夏の室内楽の祭典「チェンバーミュージック・ガーデン」、“今”の音楽を紹介する「サマーフェスティバル」、秋を彩る「ARK Hills Music Week」や「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」、さらに2019年から日曜日の朝に「こども定期演奏会」、平日昼間には「とっておきアフタヌーン」も開催される。

記事はこちら 

「第7回 ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞」決定ニュース2018/11/9
「第7回 ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞」決定
公益財団法人サントリー芸術財団(代表理事・堤 剛、鳥井信吾)は、「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」の助成事業「第7回 ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞」を下記の14活動に決定した。

記事はこちら