ベルリン・フィル「デジタル・コンサートホール」が4K映像のライブ配信を開始

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」で、4K映像のライブ配信が開始される。最初の4Kライブ中継は、8/23(金)、2019/20年シーズン開幕演奏会(新首席指揮者キリル・ペトレンコの就任演奏会)で行われる。

「デジタル・コンサートホール」では、ベルリン・フィルの年間約50回の定期演奏会を中継し、現在約550本の演奏会映像が、ビデオオンデマンドで再生可能。2017年以降は、株式会社パナソニックの放送用映像収録機器を装備したフィルハーモニー(ホール)内のスタジオにおいて、4Kでの収録を行っている。この4K映像は、これまでビデオオンデマンドとして提供されてきたが、新シーズンの開幕を機に、ライブ配信も4Kで行われることとなった。

4K映像のライブ配信は、技術的にハードルが高いとされており、世界的にも、定期的に中継を行っているサービス事例は希少。ベルリン・フィル・メディアでは、過去に株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)と、高精細映像ライブ配信の実証実験を行っており、今回、同社の技術協力により、ライブ配信化を実現。4K映像のライブ・ストリーミングをレギュラーに実施するのは、クラシック界では「デジタル・コンサートホール」が世界初となる。(※)

ベルリン・フィルのソロ・チェロ奏者で、メディア代表を務めるオラフ・マニンガーは、この技術革新について、「4K 配信のライブ化は、我々にとって新たなマイルストーンとなるものです。これにより我々は、ベルリン・フィルの演奏をより生き生きと、リアルに世界のファンに届けるという夢に、さらに一歩近づくことができました。我々は、この技術的進歩を可能にしてくれた IIJに、深く感謝しています」と語っている。

「デジタル・コンサートホール」は、2008年にサービスを開始し、クラシックの代表的な映像配信として定着している(有料)。コンテンツは、専用アプリにより、パソコンの ほか、テレビやモバイル機器でも視聴することが可能。IIJは2016年より、ベルリン・フィル・メディア の「ストリーミング・パートナー」、パナソニックは2017年より「技術・開発パートナー」を務めている。

※4Kライブ映像の受信には、対応したアプリ(テレビのメニュー画面で無料ダウンロード可能)とチケット(利用券)が必要。また8/23(金)の時点で視聴が可能なのは、パナソニックの4Kテレビ(一部)となる。

ベルリン・フィルの映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」

※外部サイトに移動します

関連ニュース

ペトレンコのベルリン・フィル記者会見映像が公開

記事はこちら

キリル・ペトレンコがベルリン・フィル首席指揮者として初シーズンの詳細を発表

記事はこちら

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2019年来日公演決定

記事はこちら

ベルリン・フィル「東京2020 NIPPONフェスティバル」公演決定

記事はこちら

交響曲第6番『悲愴』
交響曲第6番『悲愴』
キリル・ペトレンコ&ベルリン・フィル
発売日 : 2019/05/11
レーベル : King International
フォーマット : SACD
HMV&BOOKS onlineで商品を見る