「東京・春・音楽祭 2020」ラインナップ発表

10/28(月)東京文化会館にて「東京・春・音楽祭 2020」ラインナップ発表記者会見が行われた。

(写真は左から、上野の山文化ゾーン連絡協議会 会長/東京国立博物館 館長:銭谷眞美氏、「東京・春・音楽祭」実行委員会 実行委員長:鈴木幸一氏、読売日本交響楽団 常任理事・事務局長:津村浩氏,上野観光連盟 会長:二木忠男氏)

本音楽祭は、2019年の開催15周年を経て2020年に16回目を迎える国内最大級のクラシック音楽の祭典。「東京・春・音楽祭 2020」は今年のアニバーサリー・イヤーを超える、更に趣向を凝らした内容だと実行委員長:鈴木幸一は自信を示した。

東京・春・音楽祭

「東京・春・音楽祭」実行委員会 実行委員長:鈴木幸一

 

リッカルド・ムーティ指揮のヴェルディ作曲『マクベス』で開幕する今年は、「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」の一環として、ブザンソン国際指揮者コンクール優勝の沖澤のどかを始めとする4名の若手音楽家をムーティ自身が指導。同アカデミーでは、作品解説や受講者によるコンサートも予定されており、巨匠による手ほどきを間近に体感できる。

東京春祭の目玉のひとつである「ワーグナー・シリーズ」では『トリスタンとイゾルデ』をマレク・ヤノフスキの指揮で上演。2019年より始まり好評を博した「子どものためのワーグナー」では同作品をカタリーナ・ワーグナー監修のもとバイロイト音楽祭と提携し、親しみやすくアレンジする。

東京・春・音楽祭

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:増田雄介

 

今年から新たに始動する「プッチーニ・シリーズ」は読売日本交響楽団が『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』のプッチーニ三部作を上演する。ドイツ作品に多く取り組んできた読響がイタリア・オペラを演奏するこの機会は見逃すことができない。

2020年はベートーヴェンが生誕250周年を迎える。「合唱の芸術シリーズ」では晩年の大作『ミサ・ソレムニス』がヤノフスキたっての希望で取り上げられるほか、「マラソン・コンサート」やエリーザベト・レオンスカヤが後期三大ピアノ・ソナタを弾くリサイタルなど、記念すべき年にふさわしい公演を楽しむことができる。

他にも、美術館や博物館で行われる「ミュージアム・コンサート」、無料のミニ・コンサート「桜の街の音楽会」、誰でも指揮者になってオーケストラの指揮ができてしまう体験型イベント「Conduct Us」など200を超える公演を予定している。

「東京・春・音楽祭 2020」は、2020/3/13(金)から4/18(土)まで東京・上野にて開催。

東京・春・音楽祭

写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:宮川舞子

 

「東京・春・音楽祭 2020」注目のラインナップ

イタリア・オペラ・アカデミー in 東京 vol.2
リッカルド・ムーティ指揮《マクベス》(演奏会形式/字幕付)

【日時・会場】
2020/3/13(金) 18:30開演
東京文化会館 大ホール

【出演】
指揮:リッカルド・ムーティ
マクベス(バリトン):ルカ・ミケレッティ
バンコ(バス):リッカルド・ザネッラート
マクベス夫人(ソプラノ):アナスタシア・バルトリ
マクダフ(テノール):フランチェスコ・メリ
管弦楽:東京春祭特別オーケストラ
合唱:イタリア・オペラ・アカデミー合唱団
合唱指揮:アントニオ・グレコ/他

【曲目】
ヴェルディ:歌劇《マクベス》
[上演時間:約3時間(休憩1回含む)]

 

東京春祭ワーグナー・シリーズ vol.11
《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式/字幕・映像付)

【日時・会場】
2020/4/2(木)・5(日) 15:00開演
東京文化会館 大ホール

【出演】
指揮:マレク・ヤノフスキ
トリスタン(テノール):アンドレアス・シャーガー
マルケ王(バス):アイン・アンガー
イゾルデ(ソプラノ):ペトラ・ラング
クルヴェナール(バリトン):マルクス・アイヒェ
メロート(バリトン):甲斐栄次郎
ブランゲーネ(メゾ・ソプラノ):エレーナ・ツィトコーワ
牧童、若い水夫の声(テノール):菅野 敦
舵取り(バリトン):髙田智士
管弦楽:NHK交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:トーマス・ラング
合唱指揮:宮松重紀
音楽コーチ:トーマス・ラウスマン
映像:中野一幸

【曲目】
ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》(全3幕)
[上演時間:約5時間(休憩2回含む)]

 

東京春祭プッチーニ・シリーズ vol.1
《三部作》外套 / 修道女アンジェリカ / ジャンニ・スキッキ(演奏会形式/字幕付)

【日時・会場】
2020/4/18(土) 15:00開演
東京文化会館 大ホール

【出演】
《外套》
ミケーレ(バリトン):ロベルト・フロンターリ
ジョルジェッタ(ソプラノ):アレックス・ペンダ
ルイージ(テノール):ユシフ・エイヴァゾフ
フルーゴラ(メゾ・ソプラノ):アンナ・マリア・キウリ

《修道女アンジェリカ》
アンジェリカ(ソプラノ):アウレリア・フローリアン
公爵夫人(メゾ・ソプラノ):アンナ・マリア・キウリ
ジェノヴィエッファ(ソプラノ):アドリアナ・ゴンザレス

《ジャンニ・スキッキ》
ジャンニ・スキッキ(バリトン):ロベルト・フロンターリ
ラウレッタ(ソプラノ):アドリアナ・ゴンザレス
ツィータ(メゾ・ソプラノ):アンナ・マリア・キウリ
リヌッチョ(テノール):イオアン・ホテア

指揮:スペランツァ・スカップッチ
管弦楽:読売日本交響楽団
音楽コーチ:ジュゼッペ・メントゥッチャ/他

【曲目】
プッチーニ:歌劇 《外套》
プッチーニ:歌劇 《修道女アンジェリカ》
プッチーニ:歌劇 《ジャンニ・スキッキ》
[上演時間:約4時間(休憩2回含む)]

 

東京・春・音楽祭2020
東京・春・音楽祭2020
公演日 : 2020/3/13(金)~4/18(土)
場所 : 東京文化会館、東京藝術大学奏楽堂(大学構内)、旧東京音楽学校奏楽堂、上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館、東京キネマ倶楽部、他
公演の詳細をみる