「バロック・オペラ絵巻《アモーレとプシケ》」―「和」と「洋」の出演者で紡ぐ新舞台

アモーレとプシケ

2020/3/19(木)・20(金・祝) に、紀尾井ホール(東京都千代田区)で、セミ・ステージ形式の舞踊劇「バロック・オペラ絵巻《アモーレとプシケ》」(新作) が上演される。

同作は、天上の女神・ヴェーネレ(ヴィーナス)の息子であり、愛の美神・アモーレが、美しい人間の娘・プシケに恋をする愛の物語。アモーレは、羽の生えた裸の幼児の姿で知られているあの「キューピッド」のこと。古代より音楽、絵画、彫刻、文学など、あらゆる西洋芸術に登場してきたアモーレ。彼の金の矢に射られた者は、人であろうと神であろうと恋に落ちてしまう。そんな 彼自身の愛の物語を日本舞踊家、能楽師、オペラ歌手、多方面に活躍するダンサー、古楽アンサンブルなどが一堂に会し、初期バロックの名旋律を紡ぐ舞台。

制作総指揮・脚本は、国内外でオペラやリサイタルを開催し、多方面で活躍を続けるカウンターテナー の彌勒忠史(みろくただし)。彌勒は「台本は日本語による書き下ろし。その筋書きに沿って、パスティッチョと呼ばれる“いいとこ取り”のオペラ作法により、ルネサンスから初期バロックのメガ・ヒット曲を当て込み、ミュージカルのように楽しんでいただこうという趣向」と話す。

また「和洋の音楽ホールを併せ持つ紀尾井ホールだからこそできる、奇跡のコラボレーション。誰もが知っているキューピッドの、誰も見たことがない音楽劇=バロック・オペラ絵巻を是非ご覧ください」とコメントを寄せた。

 

彌勒忠史プロデュース「バロック・オペラ絵巻《アモーレとプシケ》」(セミ・ステージ形式)/日本語字幕

 

【日時・場所】
2020/3/19(木) 18:00、3/20(金・祝) 14:00
紀尾井ホール

制作総指揮・脚本:彌勒忠史
音楽ディレクター:濱田芳通
振付・ステージング:森田守恒

【キャスト】
プシケ:花柳凜
アモーレ、西風:白髭真二/2役
ヴェーネレ、父王:観世喜正(19日)・梅若紀彰(20日)/2役・ダブルキャスト
2人の姉:阿部雅子、上杉清仁
歌:阿部雅子(ソプラノ)、上杉清仁(カウンターテナー)、新海康仁(テノール)、坂下忠弘(バリトン)

【演奏】
アントネッロ(古楽アンサンブル)、吉永真奈(箏)

【曲目】
フレスコバルディ:このように私を蔑むのか
カッチーニ:アモールよ 何をグズグズしているのか、天にもこれほどの光はなく
メールラ:そんなふうに信じるなんて
モンテヴェルディ:あなたを見つめ(オペラ《ポッペアの戴冠》より)
ほか


チケットはこちら

※ローチケサイトに移動します

彌勒忠史 (制作総指揮・脚本)
Miroku Tadashi, Production Director/ Producer

千葉大学卒業、同大学院修了。東京藝術大学声楽科卒業。1996~99 年バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして活動後、イタリア政府奨学生として渡伊。ロム・アルメ古楽協会主催オーディションで優勝。イタリア各地で多数の音楽祭に出演。世界水準のカウンターテナーとして国内外でオペラやリサイタルで活躍し、紀尾井ホールには「オリンピーアデ」(15 年・17 年)、午後の音楽会(17 年・18 年)に出演している。さらに市川海老蔵 特別公演《源氏物語》での歌唱および音楽アドバイザーを務め、CD《No early music, No life?》、著作《イタリア貴族養成講座》等を発表し、NHK「テレビでイタリア語」等に記事を連載するなど、多方面で活躍を続けている。在日本フェッラーラ文化大使。 “La Dill (ラ・ディル)”メンバー。平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。二期会会員。