NHK交響楽団

NHK交響楽団の歴史は、1926年10月5日にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年に日本放送協会(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称。この間、ドイツからジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。演奏活動の根幹となる定期公演は1927年2月20日の第1回予約演奏会に始まり、第2次大戦中も中断することなく続けられた。以来、今日に至るまで、ヘルベルト・フォン・カラヤン、エルネスト・アンセルメ、ヨーゼフ・カイルベルト、ロヴロ・フォン・マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。

近年NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。

現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

指揮者

  • nhkso_首席指揮者_パーヴォ・ヤルヴィ

    首席指揮者

    パーヴォ・ヤルヴィ Paavo Järvi

     今年9月にNHK交響楽団首席指揮者として4シーズン目に入るパーヴォ・ヤルヴィは、これまで重点的に採り上げてきたドイツ・ロマン派や北欧の作品に加えて、新たに古典派やストラヴィンスキーに取り組む。その挑戦する姿勢は、発信力の強さと相まって、N響のみならず、日本のオーケストラ界全体にとって大きな刺激となっている。N響とは、録音の分野での成果も目覚ましく、2016年度には「レコード・アカデミー賞」を受賞した。今年8月には最新作『ムソルグスキー:展覧会の絵&はげ山の一夜』がリリースされた。一方、海外活動では、2017年にヨーロッパ6か国7都市を回るツアーを大成功に導き、N響の国際的な評価を高めた。
     エストニアのタリン生まれ。現地で打楽器と指揮を学んだ後、アメリカのカーティス音楽院で研鑽(けんさん)を積み、バーンスタインにも師事。シンシナティ交響楽団音楽監督、hr交響楽団首席指揮者、パリ管弦楽団音楽監督などを歴任。現在は、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、エストニア祝祭管弦楽団芸術監督兼創設者などを務める。2019/20年シーズンからはチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽監督兼首席指揮者に就任予定。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などの名門オーケストラにも客演し、現代を代表する指揮者のひとりとして、世界で活躍している。

  • nhkso_名誉音楽監督_シャルル・デュトワ

    名誉音楽監督

    シャルル・デュトワ Charles Dutoit

  • nhkso_桂冠名誉指揮者_ヘルベルト・ブロムシュテット

    桂冠名誉指揮者

    ヘルベルト・ブロムシュテット Herbert Blomstedt

  • nhkso_桂冠指揮者_ウラディーミル・アシュケナージ

    桂冠指揮者

    ウラディーミル・アシュケナージ Vladimir Ashkenazy

  • nhkso_名誉客演指揮者_アンドレ・プレヴィン

    名誉客演指揮者

    アンドレ・プレヴィン André Previn

  • 正指揮者

    外山雄三 Yuzo Toyama

  • nhkso_正指揮者_尾高忠明

    正指揮者

    尾高忠明 Tadaaki Otaka

今月の公演

特集記事