東京ニューシティ管弦楽団

芸術監督・常任指揮者に内藤彰を擁し1990年に設立。定期演奏会、名曲コンサート、オペラ、バレエ、スクールコンサート(音楽鑑賞教室)、レコーディングなど幅広く活躍している。

 

定期演奏会は「いつも なにかが あたらしい」をキャッチフレーズに、最新の音楽的研究成果や、作曲家が生きていた時代の奏法を積極的に取り入れるなど、斬新かつ意欲的な内容となっている。また、ツィメルマン(ピアノ)他、著名な演奏家と共演している。

 

オペラでは二期会、藤原歌劇団の公演のほか、スコット、パヴァロッティ、カウフマンなど世界で活躍するオペラ歌手との共演も数多く、堅実で音楽性溢れる演奏は高く評価されている。

 

バレエでは、国内の主要バレエ団のほか、パリ・オペラ座バレエ団、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団、ボリショイ・バレエ、マリインスキー・バレエ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)、サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ等海外のバレエ団の日本公演に数多く出演し、質の高い演奏に信頼を得て現在に至る。

 

また、クラシックのみならず、ポピュラー分野でも幅広い活動を行っている。バート・バカラック、さだまさし、平原綾香、水樹奈々、加藤登紀子、谷村新司、村井邦彦、スティング、イル・ディーボ等と共演、多くの観衆を魅了した。NHKテレビドラマ「坂の上の雲」や映画「悪人」の音楽収録を手掛けるほか、2017年には東京2020参画プログラム「文化オリンピアードナイト」に起用されるなど、さらに活動の場を広げている。

 

2007年に中国上海公演、2009年にベトナム公演を行った。

 

芸術監督内藤彰、正指揮者曽我大介。

 

(社)日本オーケストラ連盟正会員。

 

http://tnco.or.jp

指揮者

  • 東京ニューシティ管弦楽団 内藤彰

    芸術監督

    内藤彰

    名古屋大学理学部在学中より指揮を山田一雄氏に師事する。桐朋学園大学研究科(指揮専攻)にて、小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明各氏他に師事し、修了後(社)山形交響楽団の専属指揮者を務めた後、日本の多くの主要オーケストラを指揮してきた。

    海外では、1991年ベオグラードフィルを皮切りに、モスクワ響、ロシア国立ヴァローニッシュ歌劇場『セヴィリアの理髪師』、ベラルーシ国立歌劇場『蝶々夫人』、その他サンクトペテルブルク・カペラ交響楽団、ロシア国立ウリヤノフスク・アカデミー響、北ハンガリー響、メキシコ州立響、同国立響、ブルガリア国立プロヴディフ・フィル、ルーマニア国立ブラショフ・フィル他多くの楽団の定期公演他に客演してきた。

    2004年1月に初演百年記念の歌劇『蝶々夫人』公演にて、日本の伝統的‘かね類’(釣鐘の“ゴ~ン”の代わりに誤って中国の銅鑼が“ジャ~ン”と鳴らされてきた箇所、寺で鳴らされるお椀型のキン、風鈴、おりん他)に、プッチーニの意図通りの12音の音程を持たせ‘楽器’として特注創作、それらにより世界で初めて作曲者の願う本当の『蝶々夫人』の実践に成功した。それにより同年7月には、イタリアのプッチーニ・フェスティバルにおいて、これらの鐘が使用され、地元の新聞・テレビでも大きく取り上げられた。現在はこれらの音がコンピューターに取り込まれ、使用できるようになった。

    ブルックナーの交響曲第8番のAdagio楽章をはじめ、4番、5番、6番、9番の新稿の世界初演を果たし、特に5番、6番では版の違いのみならず、今まで慣習的にブルックナーの意図と大きく異なるテンポで演奏してきた各テーマの大きな誤りを根拠を示して修正、驚くべき画期的な演奏と雑誌で評された。これらの話題は、メディアを賑わすのみならず、ライブ録音のCDは「レコード芸術」誌などで高く評価された他、ロンドンのブルックナージャーナル誌では、アメージング!という表題で大きく取り上げられた。

    また、今まで数多くの楽譜の誤りが修正されないまま野放しに演奏されてきたドヴォルジャークの「新世界から」と、シベリウスの交響詩「フィンランディア」の楽譜に溢れるおびただしい過ちを正し、3ヵ国語の詳細な校訂文と自筆譜付きによる世界初の改訂版を出版した。

    現在、ベートーヴェンの「第九」4楽章において、200年に亘り大多数の指揮者が根拠なく追随してきたベートーヴェンの意図に著しく離反した演奏慣習に対し、多くの指揮者に無視され続けてきたベートーヴェン自身の総譜への種々の書き込み他を根拠に、彼の心底からの叫びが世界中に正しく響き渡るよう、誰もが否定し得ない論拠に基づく論文や実演、またそれらに基づく音源を作成中。

    2009年1月に初めての著書「クラシック音楽 未来のための演奏論~くつがえるオーケストラ演奏の常識!~」を毎日新聞社より出版し、斯界に大きな反響を呼びおこした。

    現在、東京ニューシティ管弦楽団の芸術監督、プロ混声合唱団「東京合唱協会」音楽監督、及び日本指揮者協会幹事を務める。

  • 東京ニューシティ管弦楽団 曽我大介

    正指揮者

    曽我大介

    桐朋学園大学、ウィーン音楽大学等で、B.ハイティンク、G.シノーポリ、I.ムーシン、U.ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、I.ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ルーマニア国立音楽院在学中にルーマニアでデビュー。

    1993年ブザンソン国際指揮者コンクール第1位、1998年第4回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール第1位。以降日本はもとより、ルーマニア、イタリア、フランス、スイス、オランダ、ドイツ、ポーランド、スペイン、デンマーク、チェコ、スロヴァキア、スロヴェニア、マケドニア、ブルガリア、中国、アメリカ、ブラジルなど世界各地のオーケストラに客演を重ね、2015年6月にはベルリン・フィルハーモニーホールにおけるベルリン交響楽団ベートーヴェン「第九」公演を指揮するなど活躍を続けている。

    ルーマニアとは特に関係が深く、ジョルジュ・エネスコ・フィル、ルーマニア国立放送響、ブラショフ・フィル、ブラショフ・オペラなどに定期的に客演。2013年にはブラショフ・フィルハーモニーホール落成記念コンサート及びブラショフ・フィルのシーズン開幕コンサート、ブラショフ・オペラでは、2013年シーズン開幕公演「椿姫」や2016年「リゴレット」をはじめ、モーツァルトのダ・ポンテ三部作(「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」)の共演を完結している 。2017年11月にはブラショフ・フィル日本公演の指揮者を務め、このツアーを大成功に導いた。

    これまでにルーマニア国立放送交響楽団首席客演指揮者(2002-2003年)、大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)音楽監督(2001-2004年)などを歴任し、現在東京ニューシティ管弦楽団正指揮者(2014年4月-)。首席指揮者として毎年のように招待を受けているブラジル・ロンドリーナ音楽祭をはじめ、各地の音楽祭出演や講習会の講師、コンクールの審査員、また近年は作曲家としても活躍し、その作品は世界各地で広く演奏されている。

    音楽之友社から『《第九》虎の巻 歌う人・弾く人・聴く人のためのガイドブック』 を、2016年3月には技術評論社から「聴きたい曲が見つかる!クラシック入門~毎日が満たされるシーン別名曲(CD付)」を出版。『歌う人のための《第九》合唱譜』(音楽之友社)では豊富な演奏経験を生かして監修を務めた。

    デルタ・クラシックスより、東京ニューシティ管弦楽団とのCDがリリース中。

    ルーマニア・ブラショフ市とブラジル・ロンドリーナ市より、同地での長年の活動に対し名誉市民の称号が贈られている。 

    オフィシャルホームページ www.soga.jp/

今月の公演

特集記事

    関連する記事はまだありません