ひびクラ女子リアル育成PJ~新入社員いつきさんの場合 Op.7

ひびクラ女子リアル育成プロジェクト

このプロジェクトは、ある日ひびクラ編集部に声を掛けられた、クラシック初心者の新入社員いつきさん(仮名だけど実在!)が、あれこれ分からないことをクラシックファンの皆さんによるユーザー投票で教えてもらい、その結果を真面目に体験していくという、SNS連動型のリアル育成プロジェクトです。

< 前の記事:Op.6

皆様、あけましておめでとうございます!
お正月は箱根駅伝漬けの日々を過ごしていました、いつきです。
今年もどうぞ、本連載をよろしくお願いいたします。

初日の出

実家から見える初日の出。(撮影は母です、私は起きられませんでした。。。)

 

さて、前回は「2018年にクラシックコンサート・演奏会に行った回数」をお聞きしました。

中には20回以上という強者もいらっしゃいますが、~5回の方が一番多いようですね。
私も今年は皆さんと同じくらい行きたいと思っているので…2019年の目標は、5回にしてみます。あくまで目標です(笑)

 

実際に現場に行ける日に想いを馳せつつ、年末にひびクラ編集長から頂いた「ショパンのソナタ第2・3番」の宿題を実直にこなしてきました。まさかショパンをBGMに箱根駅伝を応援する日が来ようとは…(笑)

 

まず第2番。
第1楽章冒頭の焦燥感あるメロディがけっこう好きで、頭から離れません。最初の強い勢いと、途中の優雅な部分の緩急が心地よいです。
第2楽章はスケルツォ。前回同様、「これのどこが“スケルツォ(冗談)”なの?」という疑問が残るシリアスな印象。突如現れる、静かで幻想的な場面の存在が何を意図しているのか、すごく気になりますね。
第3楽章には聴き覚えがありました。「葬送行進曲」のタイトルの通り、重い曲調。聴いているだけでメンタルがえぐられそうでした。スゥ――と消え入るような終わり方も切ないです。
打って変わって第4楽章。感情がかき乱されるような、“ごちゃっとした”演奏で、思わず「ふぁっ!?」と言いそうに(笑)。素人の耳には適当に弾いているようにしか聴こえないのですが…この曲に楽譜があることに驚きです。

 

次に第3番。
こちらも第1楽章の冒頭部分、花びらが舞い落ちるような、洗練された美しい入り方が印象的です。
第2楽章は、白い大理石の床がある大きなお家で聴きたい、優雅で明るい曲。当初イメージしていたスケルツォに近いスケルツォ!やっと聴くことができました。
そして第3楽章。ゆったりとしていて、「最上級の眠りを」みたいなキャッチコピーのCMにBGMとして使われていそうだなぁ、という感想(笑)。安心感に包まれて、そのまま意識がどこかへ飛びそうです。
一転、第4楽章はとても華やか。夢の国(海)の、色々なキャラクターが出てくる夜のショーを見ているかのようなワクワク感があります。性格の異なるメロディが盛り込まれていながらも統一感はあって、気持ちの良いフィナーレ。(だから余計第2番の終わり方が謎なんだよなぁ…)

 

今回の宿題はバラエティに富んでいて、初心者の私でも比較的聴きやすいと思ったラインナップでした。
にしても特に第3番の第4楽章とか、一体腕が何本あれば弾けるの!?といった感じですよね。演奏家さんが実際どのように弾いているのか、すごく興味があります。

ピアニスト

 

そんなこんなで編集長に感想報告初め。

編集長「来週、ピアノコンサートに行って確かめてこようか」

 

予想だにしていなかった展開…!来週、編集長はとあるピアノコンサートに行くそうです。それに私も同行させて頂けるとのことなのですが、、

あれ、早くもコンサートデビューの夢が叶っちゃいますね??(笑)
新年早々ラッキーだなと思う反面、不安も正直あります。どんな服装で行けばいいのか、どう楽しめばいいのか、何か準備していった方がいいのか…等々。

 

そうだ、こういう時こそクラシックフリークの皆さんからご意見頂戴しましょう!

皆さんはクラシックコンサート・演奏会に行く前に必ずすること・準備した方がいいなと思うことはありますか?

■当日のプログラムを一通り予習
私は舞台を観るときも予習したい派です。

■普段よりもちょっとおしゃれ着を準備
服装を選ぶところからが開演説はありますね。

■会場周辺のおいしいお店をリサーチ
おいしいごはんを食べて帰るまでがコンサート説はありますね。

■準備不要、フラットな状態で行く
むしろ何も身構えずに行った方が気が楽なのかな…?

なんとなく選択肢を上げましたが、それ以外という方はコメントでお知らせください!

さあ、いつきさんに「クラシックコンサート・演奏会に行く前に必ずすること・準備した方がいいなと思うこと」を教えてあげましょう!

こちらのTwitter投稿から投票をお願いします。

※投稿にはTwitterアカウントの作成が必要です


次の記事:Op.8 >

ショパン「ピアノ・ソナタ第2番、第3番」「舟歌」(※試聴できます)
ショパン「ピアノ・ソナタ第2番、第3番」「舟歌」(※試聴できます)
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
発売日 : 2011/09/07
レーベル : ユニバーサル ミュージック
フォーマット : SHM-CD
HMV&BOOKS onlineで商品を見る
  • 2019/1/22 *t*au**

    ついにコンサートへ!感想を楽しみに待っています。
  • 2019/1/11 d**ae*o*

    平日の演奏会って仕事終わりに駆けつけると本当にギリギリだから、終わった後何食べようかで頭がいっぱいです(笑) でもやっぱり予習はしていきますね、するとしないじゃ得られるものも全然違います。